手引書「マチのデザインについて話そう」を公開しました

ktmtebiki-3

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)は、川崎市環境総合研究所と共に、2014年度から2016年度にかけて共同で環境技術産学公民連携公募型共同研究事業「環境情報・写真データを用いたコミュニティ活性化支援に関する共同研究」に取り組みました。

今回、その成果として「マチのデザインについて話そう ~身近な環境を知り、協力してコミュニティを育てていくための手引書~」を作成し、共同研究プロジェクトのホームページにて公開しました。

この手引書は、さまざまな背景や関心を持つ地域住民が、身近な地域の環境の過去や現在の様子について知り、コミュニケーションを深めコミュニティを育てていくことで、より住みよい環境を作り出したり、自然環境を守ったりする行動を起こしていく際の参考資料となるように作成したものです。ぜひ、ご活用ください

ダウンロードと閲覧は下記のページからできます。
環境情報・写真データを用いたコミュニティ活性化支援に関する共同研究〜川崎タイムマシン〜